[A.B.C.(かわい)]えいぞう | たてがきクリケット2016
A.B.C-Z河合郁人くんに密やかに愛を注ぎます。
09
09
2016
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

| - - - |
05
12
2007
071121 TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You


カツコンDVDを某所でちまちま見てます。
ジュニア曲も入ってるとは聞いてたんだけど、
何となく気乗りしなくて見れてなくて、というのも

>こんなに遠い"STAR SEEKER"は初めてだったなあ・・・。

っていう、ちょっと切ない思いがあったからだと思うんだけど!
(五関祭当時のレポから引用)(はずかしいのでリンクなし、笑)

まあ、でもせっかくだしなあ、と思い直して見たら、
あまりにびっくりして、爆笑しちゃったんですけど!
どうなの!どうなのこれは、河合担さま!
むしろ、河合くん!ふみとくん!

同じく五関祭当時のレポで、

>「♪彷徨う〜」で、55,000人相手に上着脱いだ河合くんすごい。

って書いてるんだけど、

55,000人相手に肌蹴かけた事件が、

映像として永久保存され出荷されてしまった、

河合郁人(20歳)(大人になりましたっ★)


もう・・・すきっ、ふみとくんだいすきっ♥
これ、買って家宝にした方がいいのかなあ!(笑)
ダンスとかでも、一応バックなのにソロカットいっぱいあって、
申し訳ないけどやっぱりうれしい。うれしいです。
ふみとくんあいしてるー。あいしてるよ!


前エントリで他担さまのご意見を求めてみたんだけど、
そういえば上半期に回収したアンケートでは、
五関軍団の中で横尾担さまだけいなかったのだった!
今はいらっしゃるのかしら。どうなのかしら。
もともと横尾担さまとあまり絡んだことないし!
ドリボ期に出来たお知り合いがうれしかったけど、
最近お会いできてないのだ・・・横尾担さまー!(笑)
| [A.B.C.(かわい)]えいぞう comments(0) trackbacks(0) |
13
04
2007
Live of KAT-TUN "Real Face"


まだ全部見られてないので、いろいろ未完成。
多分ちょこちょこ増やしてくと思います。


河合くんを探す旅〜2007春〜

・"Never Again"のラストサビ
・"ONE ON ONE"
・「フリーズ」後のJr.紹介
・"RUSH OF LIGHT"
55:16(左側)
56:55(左から2人目)
・「ノーマター・マター」
57:15(左に消える)
59:41(なかまる横・後ろ姿)
1:00:02(聖バックで爆笑)
1:00:04(肩ちらりずむ)

メインの(・・・)"PINKY"はドームの方が好きです。
最初のじんじんとの絡みも、良いアングルで映ってるし、
ここが見たかったの!ってところがちょうど映ってるんだよねえ。
まあ、人間性疑われると困っちゃうのでどこかは言わないけど!(笑)

間奏でダンスしてるところが全体に映り多めで、アングルもいいのが嬉しい。
最初にぱって顔上げて、前髪がさらっと流れるのにぐっとね・・・!
ここはダンス(+振りつけ?)のエロさもさることながら、
表情が最高なのー!!これはさすがに某所では見られないもんね。
ああいうSな顔されるとほんとに惚れちゃうので・・・どんどんしてください(笑)

最後、じんじんアップに限りなく一瞬映りこむ河合くんアップ!
ここは真剣にセクシーで、いけめんなので必ず見るように(命令)(・・・)
アウトロで、クレーンでの全景画以降をスローにすると、
左側にどアップでいけめんが映りこんできますよ☆

・"Pinky"@横アリ
階段に座ってるシルエットのA.B.C.が素敵!
河合くんは座り方が恰好良いのです・・・えへへへ。
1:58で(またしても)限りなく一瞬だけ「♪絡み合う指先で〜」の
あの綺麗な指の動きが映るといえば映る・・・んだけど、
1回くらいまともに引きで写してくれてもいいと思うー!
これ、唯一の不満かもしれないなあ!!(笑)
| [A.B.C.(かわい)]えいぞう comments(0) trackbacks(0) |
16
12
2006
徒然なるままに


というわけで早速プレゾン見てますよ!
稽古風景から見始めたんだけれど、これ正解
引きの画が多いのと照明が暗いせいで、
本編から見たら誰が誰だかわからないかも(笑
まだ全然進んでないけどおもうところがあるので!




M.A.D.もA.B.C.も単純に凄い
語弊があるかもしれないけれど、彼らの方が
今何か出来るわけではなかったとしても
たくさんテレビに出ることが出来て、
多くの人に認知されてもいて、
いわゆるアイドル的な活動をしている子達に対する
距離感よりもよっぽど遠いんじゃないかな、とふと感じてしまった

いやもしかしたら、彼らだってかつては
そっちの側にいたのかもしれないし
だからこそ、それをどっちが良いとか悪いとかいう
優劣の問題と一緒にはしたくないのだけれど

ただ、これだけのものを見せられるということが
意味する舞台裏の努力を目の当たりにして
同世代のあたしは何やってるんだろうな、って
自己嫌悪に陥ってしまったというおはなし!
伝わりにくくてごめんなさいね!

まあでも、昨日ブログ更新できなかったのは、
刑法のやったばかりの共同正犯の論点のことで
頭がいっぱいだったから…というのは
いろんな意味で言い訳だ!(笑
だめだだめだ!明日は頑張るよ!
| [A.B.C.(かわい)]えいぞう comments(0) trackbacks(0) |